物件の情報収集

中古住宅を探すにあたり、様々な情報を集める必要があります。特に住宅の購入は、一生の中でも大きな買い物となるため、例え中古物件であっても慎重に情報収集して間違えのないようにする必要があるでしょう。

 

例えば、新築で家を建てる場合は、設計やデザインなど様々な努力が必要となります。しかし中古住宅の購入には、設計などは全く関係ありません。あくまで完成している物件から選択するだけの事となります。つまり、中古住宅の購入の最大のポイントは、いかに詳しく情報収集できたかどうかにつきると言えます。

 

情報収集には、住宅購入にあたる基礎知識、生活環境となる住宅の近隣エリアの情報、仲介業者の情報、物件の情報などがあげられます。

 

今ではインターネットという手段があるので、以前に比べて情報収集の方法の幅はぐっと広がりました。例えば物件検索などもインターネットを通じて簡単にできてしまいます。仲介業者の詳細なども、インターネットという手段がなければ、その業者の過去のトラブル暦などは調べられなかった時代もありました。

 

しかし最終的には物件探しはインターネットだけに頼ってもいけません。あくまで自分の足を使って、経験値をあげながら調べていくことが、情報収集の基本となるでしょう。特に地域に関する情報などは現地の生の声を集めるしかありません。物件に関しても、自分の目で見て判断していく事が一番大切となります。

 

インターネット・他人の意見・自分の目、これらを総合してしっかりとした情報収集を心がけていきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市