住宅ローンの金利

住宅ローンには様々な金利のタイプがあります。タイプによってメリット・デメリットもありますので、経済状況などに合わせて最適な金利タイプを選択していきましょう。

 

まず固定金利型は、住宅ローンの開始当初から終了まで、ずっと同じ金利で返済していくタイプのものです。

 

固定金利型の最大のメリットは、借入れ時にローンの総返済額がわかるため、返済計画が立てやすいことにあります。しかしデメリットとしては、高い金利時代にローンを組んでしまった場合、ずっと高い金利のままで支払わなくてはいけないため、最終的に総返済額が大きくなってしまう危険性も出てきます。

 

変動金利型は、毎年の金融情勢に合わせて返済期間中であっても金利が変化していくタイプです。金利の見直しは、半年ごとに見直されるタイプや、5年ごとに見直されるタイプなどがあります。

 

一見便利そうに見える変動金利型ですが、金利が高い時に契約した場合しか、あまりメリットが出ることはありません。また総返済額や月々の返済額がどう変わっていくかがわからないため、返済計画が立てにくくなります。

 

固定金利選択型は、3年から10年の一定期間中は固定金利が適用され、その後は変動していくタイプのものです。両者のメリットを取り入れたようなタイプですが、変動部分の将来の不安は残ります。

 

近年のように低金利が続いている時代背景の場合、固定金利型が有利になります。よって今は住宅ローンがお得な時代なので、住宅を購入したいというニーズが高くなっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市