住宅ローンの審査

中古住宅などを購入する際に組む住宅ローンは、誰でもローンを組めるわけではありません。そこでローンを組めるかどうか金融機関に審査をしてもらう必要があります。

 

住宅ローンの審査には、事前審査制度を導入しているのが一般的です。

 

全体の流れとしては、住宅ローン事前審査申込書を、金融機関に提出します。この際に一箇所の金融機関だけにせず、複数の金融機関に出すのが好ましいでしょう。融資の仮審査は3日以内に出てくるのが普通なので、この間は待つことになります。仮審査の結果が出た時点で、どの金融機関に申し込むかを決定します。そして正式に申し込みをして、審査が通った段階で融資が決定します。

 

住宅ローンの審査内容で一番重要なポイントは、個人の信用力です。

 

例えば過去にカードローンなどの返済遅延などのトラブルがあった場合は、個人信用情報に登録されていたりして審査が厳しくなります。また、住宅ローン以外にカードローン・自動車ローンなどの融資が残っている場合も年収に対する融資枠の関係で審査に落ちる可能性がありますので、他のローンは完済しておいた方が通りやすくなるでしょう。

 

また、勤続年数や職種によっても条件は変わってきます。

 

もちろん物件の担保価値なども審査の対象となります。

 

実際に審査が通るかどうかは、申し込んでみないとわかりません。審査の基準は金融会社や、その金融機関が利用する保証会社によっても変わってくるからです。よって複数の金融機関に審査をかけるようにしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市