建売住宅を購入

近年は、新築住宅としては建売住宅が増えてきました。

 

建売住宅は、売主である建売業者が、建物の面積や間取りなどを全て決めて住宅を建築しています。建売業者は、建築しようとする建物の場所と仕様が決まった時点で、建築基準法の建築確認を行政庁から受けることによって、販売または広告をすることができるようになります。

 

よって建売住宅を購入する方は、住宅が気に入らないからといって、工事内容を変えてもらって独自の住まいにしてもらうことはできません。

 

いわば建売住宅は、家つきの土地を新規で購入する方法となります。家のつくりは、完成後に確認して購入する場合もありますが、より人気の場所を購入するためには、家を建てる前にモデルルームなどで確認をして注文を出すことも多くなるでしょう。

 

建売住宅は、住み主の労力は比較的かからず、ある意味では中古住宅の購入とさほど変わりありません。価格面では、注文住宅などに比べると、割安になることも多いでしょう。

 

建物のデザインや土地の場所は事前に確認することができますが、建売住宅は何棟か同じような住宅が立て並ぶ事が多く、個性的であるとは言いがたくなります。間取りや採光に不満が出る場合も多く、業者選びを間違えてしまうと、欠陥住宅や手抜き同時など、悪い性能の家を手に入れてしまう可能性も少なくありません。

 

開発中の立地に建てられることも多く、数年後の生活環境が悪く変わってしまうというリスクも念頭に入れておかねばありません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市