中古住宅を購入するにあたって

これから住宅を購入するには、様々な方法があります。

 

まずは新規に土地を購入し、そこに自分の気に入った建物を建てるという方法です。しかし、何から何まで検討して進めていくこの方法は、時間的にも資金も相当かかってしまう事になります。そこで、建売住宅を購入したり、建築条件付き住宅を購入するといった方法が、新築一戸建て住宅を手に入れる一般的な方法となっています。

 

それでも新築で住宅を購入するには、それなりの資金と時間、知識や手間がかかってくるため、誰もが簡単に手を出せるものではないことも事実です。その点、中古住宅の購入は、気軽に住宅を購入できるので、高いニーズを持っています。

 

中古住宅の場合、何よりも立地はもちろん、建物の現物を見ながら決められるので、よりイメージしやすいというメリットがあります。中古物件は既に立っている家なので、駅から近いとか、買い物に便利といった立地の良い場所に立っていることも多く、新築物件に比べるとより多くの物件の中から選べるというメリットもあります。

 

さて、一般的に資金面では新築物件よりも中古物件を購入した方が費用はかからないと思いがちですが、これは必ずしもそうとは言えません。中古物件の場合、リフォームなどのメンテナンス費用がかかってしまったり、ローンや税金面でも新築が有利な場合もあります。また立地にこだわらなければ、新築の方が安い場合も多いでしょう。

 

このように新築にも中古にも長所・短所はありますが、しっかりとした知識をつけておけば、中古物件でも良い住宅を手に入れる事が可能となるでしょう。特に立地のいい、生活しやすい環境を手に入れるためには、中古物件は優れた選択肢となることも覚えておきましょう。

 

中古物件といっても、一戸建てを選ぶかマンションを選ぶかでも注意点は変わってきます。また、住宅購入の際には、仲介業者の選び方から始まり、確認申請書や図面の扱い方、税金や住宅ローンの知識など、様々な周辺知識も必要となるので、まずは基本をおさえておきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市